TOPページへ

Breeding
繁殖日記

その1(1月14日〜2月18日) ピグミーハリネズミの出産日記
その2(3月16日〜4月6日) コザクラインコの繁殖日記

【基本情報】



孵化日:2005年3月16日&3月19日
産卵数:4個(うち2個孵化、2個無精卵)
ママ:WFバイオレット(ヨーロッパブリード)
パパ:WFバイオレット(ヨーロッパブリード)







【繁殖日記】
4月6日(水) 1号ちゃん 21日目
じゃじゃ〜ん!すっかり大きくなりました。

たまごちゃんの件があってから、巣箱を覗くのを控えておりました。
荒鳥ではありますがそれほど臆病ではないため、ちょっとくらい覗いても大丈夫だろうと油断しておりました。
はり繁殖中はとてもデリケート。
しばらく観察日記がなかったのは、
むやみに覗いてはイケマセンね・・・と、反省していたからです。
1号ちゃんは、本日無事に新しい飼い主が決まり旅立ってゆきました。
一人餌になるくらいまで続けようと思っていたのでちょっと心残りですが、
優しそうな飼い主さんが見つかって良かったです。
また機会がありましたら、今度こそ一人餌までの成長日記をお伝えしたいです。
って書いてはみたものの、繁殖日記だから親から離れるところで十分なのか!?
というわけで、コザクラ繁殖日記は本日で終了です。

4月1日(金) 1号ちゃん16日目

1号ちゃんはすくすくと成長しております。
だいぶコザクラらしくなってきました。
あと1週間もすれば、巣箱から取り出せるかも。
まだ羽色は分かりません・・・。
短い棒毛の先端が開きはじめるのが楽しみです。

3月30日(水)
 1号ちゃん14日目
さきほど巣箱を覗いてみると、たまごちゃんがお星様になっておりました。
3日前に覗いたときは、元気だったのに・・・。
孵化する前日にたまごの中からピヨピヨと鳴いていたのが忘れられません。
「発育が遅い」と思っていながら、どうして誘拐してあげなかったのか
とても悔やんでおります。
今思うと明らかに発育が遅かったのに、気のせいなんかにして、
ほんとに何を観察しているのか情けなくなります・・・。
まだまだ未熟者です。

1号ちゃん、たまごちゃんの分までがんばっておくれ。

泣いちゃいそうです、ほんとに。


3月27日(日) 1号ちゃん11日目 たまごちゃん8日目
たまごちゃん(小さいほう)の発育が少し遅いような気もしなくもないですが、
1号ちゃんが大きいからそう思うだけかもしれません。
2、3日の違いは本当に大きいですね・・・。
1号はピンクちゃんからだんだんと産毛が生えてきて黒っぽくなってきました。
たまごちゃんは目の部分がはっきりと黒くなってきましたが、体は相変わらずピンクちゃんです。

パパ&ママも覗かれ慣れてきているようで、
巣箱を開けてもバタバタと動くことなくじっと大人しくしております。
これなら毎日成長記録を撮れるかも!?

3月24日(木)

今日の巣箱の中の様子。
写真を撮ったときはあんまり大きくなってないな・・・、と思いましたが、
前回の写真と比べてみるとやっぱり大きくなってますね!
毎日覗けないのがとてももどかしいです。

手前がたまごちゃん、奥が1号です。
ところで、WFバイオレットは現在3ペアおりまして、お店で巣箱を入れております。
1ペアは現在子育て中のこちらのペア。(今回3回目。)
もう1ペアは、パパが極荒なペア。(3回産卵&孵化経験あり。)
馴れているフリをして寄ってくるけど、サクっと噛むので気をつけて!!
残り1ペアは、一番若いペア。(巣箱を入れておりますが、まだ繁殖経験なしです。)
ペアを組んだときに、繁殖経験ありの2ペア計4羽は、
WFバイオレットのダブルファクターだと思っていたのですが、
繁殖してみると違いました。
それぞれかなり濃いバイオレットなのですが、微妙に違うようです・・・。
どちらかがシングルファクターだとしても、かなり濃いと思いますので、
シングルとダブル、見分けるのはけっこう難しいです。
緑がかっているバイオレットがダブルファクターだということはないと思いますが、
綺麗な濃いバイオレットでもシングルファクターの仔がいるかもしれません。
ちなみにこのペアも、どちらかはシングルファクターですので、
ヒナの色はWFバイオレットの可能性もありますが、そうでない可能性もあります。
何色になるかな?という想像をしながらお世話をするのも繁殖の楽しみですね!

3月19日(土)

今日巣箱を覗いてみると、予想通りたまごちゃんが孵化しておりました。
まだまだおチビです。
2、3日しか違わないのに、最初の仔と大きさがぜんぜん違いますね!
左が最初のヒナ、右がたまごちゃんです。

パパ&ママは手乗りではないですので、あまり巣箱を覗けません。
とてもモドカしいです。
毎日覗いて成長具合とかいろいろ書きたいのですが、
ぐっとこらえて2,3日おきに更新いたします。
見ちゃいけないと思うとよけいに見たくなるんですよね・・・。
ガマン、ガマン。

3月18日(金)
遅ればせながら、残り3個の卵を検卵致しました。
残念ながら2個は無精卵でした。
残るもう1個は、なんと卵にヒビが入っており、今にも孵りそうな状態でした!

耳を澄ますと、なかからピヨッピヨッと小さな声が聞こえくるのです!!
こんなに小さな卵の中で、一生懸命生きているなんて、ただただ感動しちゃいます。
あと1時間しないうちに孵るのではないでしょうか。
お店にいると気が気でないので、
無事元気なヒナが孵ることを願いつつ、今日は帰ります。
がんばれ、たまごちゃん!!ファイトー!!

3月16日(水)
 

本日WFバイオレットの卵が孵化しました!!

他のペアが巣箱をどんどん壊していくなか、ほぼ新品巣箱のまま繁殖してくれる、
そんな飼い主思いのペアです。
*他のペアは新品巣箱を3日もあれば破壊します・・・。
産卵は3回目。
最初の産卵は4個全てが無精卵。
2回目は4個のうち2個は孵り(WFバイオレット&WFコバルト)、残り2個は中止卵。
今回が3回目です。検卵しておりませんので、全て孵るかどうか分かりません。
それにしても孵ったばかりのヒナは頼りない感じですね。
ヨーロッパブリードのがっしりとした大きなパパ&ママですので、
きっと体の大きくて丈夫な仔になるはず。がんばって大きくなっておくれ。